アメリカ2

ミネソタのコーン収穫も最盛期です。
今年は大干ばつで心配されていましたが、8月の遅い雨も十分に農作物の育成を助けてくれたようです。


IMG_20121023_023617.jpg



今年始めてみる、新兵器。
今年のコーンは足腰がしっかりしていないので、真ん中にコーンを寄せるための装置です。



IMG_20121023_025525.jpg



久しぶりの運転で虎刈りにしてしまいました。


北米の穀物収穫量は干ばつ当初は深刻な様子で、シカゴ相場はかなりの高騰を見せましたが、近況の発表では想像よりも深刻ではなかったとのことで、シカゴ相場も少しずつ落ち着きを取り戻しておるようです。
海外情報 | - | 2012/11/09 金 15:48

アメリカ

先日アメリカへ大豆の出来、様子を見に行ってきました。

IMG_20121023_002758.jpg



最初の訪問地はミネソタです。
あいにくの天気ですが、そこらかしこに風車があり改めて政策がすすむとあっという間に景色も変わるものだと思いました。


今年の大豆の出来は良。
今年の夏はかなりの干ばつが北米をおおい、ミネソタでもしんぱいされましたが8月以降の雨は北米でも北部に位置する州には大豆だけでなく、トウモロコシの収量も底上げしてくれたようです。



IMG_20121023_003634.jpg


今年は北部の農家さんにとってよい年になうようです。
海外情報 | - | 2012/11/01 木 05:26

カナダ、オハイオで大豆の収穫が始まっています。


2012-09-05_16-27-42_990.jpg



しかし、同じ品種でも地域ごとに収穫時期に大きな違いが出ているのですが、畑の中でも収穫のタイミングがずれており、農家さん達にとって非常に収穫のタイミングを計るのが難しいそうです。
同じ畑でも全ての大豆が枯れるまで待ってしまうと早めに枯れた大豆はさや落ちをしてしまうそうです。
したがってある程度見切りをつけて収穫を始めるそうですが、そうなると若干青味がかった大豆が混入します。



2012-09-05_16-27-49_560.jpg



上記写真は食品用大豆の試験農場の一部ですが、品種の違いによって品種の違いによって今年は大きく品質、育成等の差が出たようです。



2012-09-05_16-54-17_441.jpg



ラジオ等から聞こえる農作物の近況は、相変わらず厳しい様子です。
また、実際に収穫時期に入った大豆とともにトウモロコシも一部収穫に入ったようです。
例年になく早い時期の収穫になりますが、例年10インチ以上の芯を作るトウモロコシも今年は約半分の6インチ~7インチ程度の大きさで、歯抜けも起きています。

8月中旬からハリケーンアイザック等の雨の報告もありますが、北米全体をカバーするものではなく、北米中部~南部にかけての不作は今のシカゴ相場の底値$17前後を堅調化しており、今後も注視が必要です。
海外情報 | - | 2012/09/24 月 18:27

北米大豆 北部持ち直しか

カナダオンタリオではアメリカ穀倉地帯に比べ干ばつの度合いは低く、地域ごとに若干の差はあるものの全体的に持ち直しつつあります。
全体的に初期の干ばつの影響か、開花時期が2週間~3週間ほど早くはありましたが、ここ2週間ほどの雨は平年作を期待できるレベルにまで来ています。

IMG_1091.jpg



また、オハイオなどアメリカでも北に位置する州では先週末に6センチ~7センチ程度の雨が降り、大豆は持ち直す気配があります。
さらに、食品用大豆はGMOに比べ蒔く時期が遅いので、その点でもこの時期の雨はより食品用大豆の品質を良くしそうです。


IMG_1092.jpg


気温も雨が降る前は連日の30度越えでしたが、最近は25度前後とすごしやすいようです。
気象予報では今週末にかけて北アメリカに再び雨が降るとのことで、シカゴ大豆相場に影響がありそうです。
しかしながら、いぜんアメリカ中部から南部にかけては雨が必要な状態でさらにコーンの収穫予想は例年の1/3~1/4となっており、コーンの高騰がどのくらい大豆高に影響するかは現在のところ不明です。
海外情報 | - | 2012/08/10 金 05:56

シカゴ高騰

この所急激にシカゴ相場が急騰しています。

原因は北米の干ばつです。
ここ2カ月程雨が降らず、また雨の降る見通しも立っていないとのことで急激に高騰しています。

そこに投機のあおりも入ってしばらくは不安定な相場になりそうです。
また、大豆の品質に関しても不安なところがあります。
海外情報 | - | 2012/07/13 金 07:32